March 27, 2018 / 1:14 AM / 6 months ago

書き換えは理財局の中で行われた、首相や財務相の指示ない=佐川氏

[東京 27日 ロイター] - 佐川宣寿前国税庁長官は、27日の参院予算委員会の証人喚問で、森友決裁文書14件の書き換えについて「理財局の中で行われた」とし、安倍晋三首相や麻生太郎財務相からの指示はなかったとの認識を示した。いつ認識したかについては「捜査対象で刑事訴追される恐れがある」と述べ、証言を拒否した。

同氏に対する証人喚問は同日午前9時半、参院予算委で始まった。佐川前国税庁長官は文書書き換えについて「理財局以外や首相官邸に報告することはない」と証言。「書き換えは理財局の中で行われた。首相や首相夫人からの指示はなかった」と述べた。

佐川氏はまた、首相官邸幹部や麻生財務相からの指示もなかったと証言した。

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below