for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー(13日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 128.79/81 1.0414/18 134.13/17

NY午後5時 128.32/35 1.0379/81 133.19/23

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の128円後半。日経平均株価が堅調に推移す るなどリスクオフの流れが一時的に後退したことから、ドル買い/円売りが優勢になり、 底堅い展開が続いた。仲値にかけては、実需によるドル買いや時間外取引の米長期金利の 上昇を背景に一時129.35円の高値を付ける場面もあった。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 26427.65 +678.93 25918.80 25,904.40─26,479.93

TOPIX 1864.20 +35.02 1836.77 1,835.68─1,868.02

東証出来高(万株) 164818 東証売買代金(億円) 35923.08

東京株式市場で日経平均は前営業日比678円93銭高の2万6427円65銭と、急反発した。積極的な買い材料に欠けるものの、 ショートカバー(売り方の買い戻し)に加え、オプションSQ(特別清算指数)に絡んだ売買も交え、踏み上げ相場となった。個別では、日経平均の指数寄与度の高いソフトバンクグループ、東京エレクトロン、ファーストリテイリング が大幅高となり、3銘柄で日経平均を約323円押し上げた。

プライム市場の騰落数は、値上がり1557銘柄(84%)に対し、値下がりが259銘柄(14%)、変わらずが21銘柄(1%)だった。

<短期金融市場> 

ユーロ円金先(22年6月限) ───

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物は「積み最終日で調達の動きがみられた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・22年6月限 149.52 (+0.05)

安値─高値 149.51─149.67

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.240% (-0.005)

安値─高値 0.240─0.240%

国債先物中心限月6月限は前営業日比5銭高の149円52銭と続伸して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp低下の0.240%。米長期金利の低下傾向を受けて買い優勢な展開が続いた。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.14─0.04

3年物 0.19─0.09

4年物 0.22─0.12

5年物 0.26─0.16

7年物 0.35─0.25

10年物 0.47─0.37

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up