for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 134.78/80 1.0165/69 137.02/06

NY午後5時 134.21/24 1.0170/74 136.50/54

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の134円後半。ドルは前日の上昇の反動で利益確定売りが優勢となった。また、豪ドル/円の下落を眺め、ドル/円も下押された面があった。その後、夕刻に入ってドル/円は水準を切り上げた。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 29222.77 +353.86 28952.65 28,944.71─29,222.77

TOPIX 2006.99 +25.03 1989.68 1,989.01─2,006.99

プライム指数 1032.75 +12.91 1024.00 1,024.00─1,032.75

スタンダード指数 1012.18 +4.93 1009.04 1,008.28─1,012.29

グロース指数 968.88 +14.88 948.51 946.32─972.84

東証出来高(万株) 113529 東証売買代金(億円) 28671.42

東京株式市場で日経平均は、前営業日比353円86銭高の2万9222円77銭と、反発して取引を終えた。米国の金融引き締めに対する過度な懸念が後退し、投資家心理の改善が続いていることから、値がさ株やグロース(成長)株を中心に買いが入った。日経平均は7カ月半ぶりに2万9000円を回復。その後も堅調に推移し、大引けにかけて上げ幅を広げた。

プライム市場の騰落数は、値上がり1445銘柄(78%)に対し、値下がりが335銘柄(18%)、変わらずが58銘柄(3%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.014

ユーロ円金先(22年9月限) 99.990 (-0.025)

安値─高値 99.990─99.990

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.014%になった。前営業日(マイナス0.018%)をやや上回った。「新積み期初日は様子見する参加者もいたが、2日目のきょうは取り手の調達ニーズが強かった」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。

<円債市場> 

国債先物・22年9月限 150.48 (-0.13)

安値─高値 150.42─150.53

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.180% (+0.015)

安値─高値 0.180─0.175%

国債先物中心限月9月限は前営業日比13銭安の150円48銭と反落して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1.5bp上昇の0.180%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.15─0.05

3年物 0.18─0.08

4年物 0.19─0.09

5年物 0.22─0.12

7年物 0.28─0.18

10年物 0.39─0.29

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up