for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー(22日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 109.43/45 1.1727/31 128.35/39

NY午後5時 109.21/24 1.1723/27 128.06/10

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の109円前半。日本や中国株の下落でリスク回避ムードが広がる中、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた短期筋のポジション調整とみられるドル買いを受け、ドルはじり高となった。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き 安値/高値

日経平均 29639.40 -200.31 29744.73 29573.88─29868.10

TOPIX 2043.55 -21.00 2057.78 2043.55─2061.00

東証出来高(万株) 120359.00 東証売買代金(億円) 28901.03

東京株式市場で日経平均は続落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表や東京市場での休場を控え、模様眺めムードが強まった。中国不動産開発大手、中国恒大集団の資金繰りを巡る警戒感も相場の重しとなり、関連する銘柄は総じて軟調な展開となった。

東証1部の騰落数は、値上がり287銘柄に対し、値下がりが1847銘柄、変わらずが53銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.021

ユーロ円金先(22年3月限) 100.075 (変わらず)

安値─高値 100.075─100.075

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.021%になった。前営業日(マイナス0.022%)をやや上回った。「地銀の資金調達ニーズが強い一方、大手行の動きは鈍かった」(国内金融機関)。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

<円債市場> 

国債先物・21年12月限 151.86 (+0.03)

安値─高値 151.81─151.89

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.030% (-0.005)

安値─高値 0.035─0.035%

国債先物中心限月12月限は前営業日比3銭高の151円86銭となり、小幅続伸して引けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて様子見ムードが広がり、小動きにとどまった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp低下の0.030%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.05─-0.05

3年物 0.05─-0.04

4年物 0.05─-0.04

5年物 0.05─-0.04

7年物 0.07─-0.02

10年物 0.13─0.03

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up