for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー(24日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 127.28/30 1.0729/33 136.56/60

NY午後5時 127.87/90 1.0689/93 136.70/74

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の127円前半。時間外取引で米長期金利が小幅に低下したことに伴い、ドルも軟調に推移した。次の手掛かり材料待ちで、ドル/円は方向感を探る展開が続くとの見方も市場では出ていた。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 26748.14 -253.38 27005.43 26,736.01─27,005.43

TOPIX 1878.26 -16.31 1896.07 1,878.26─1,896.82

東証出来高(万株) 111351 東証売買代金(億円) 26381.00

東京株式市場で日経平均は、前営業日比253円38銭安の2万6748円14銭と、3営業日ぶりに反落した。時間外取引での米株先物やアジア株の軟調な流れに連れ安する展開となった。個別ではハイテク株を中心に利益確定売りの流れが加速し、日経平均は1日を通して下げ幅を拡大する展開となった。

プライム市場の騰落数は、値上がり215銘柄(11%)に対し、値下がりが1569銘柄(85%)、変わらずが53銘柄(2%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.02

ユーロ円金先(22年6月限) ───

3カ月物TB -0.125 (変わらず)

安値─高値 -0.124─-0.125

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.020%になった。前営業日(マイナス0.021%)からほぼ横ばい。「地合いは変わらずだが、基調的にはレートは低下気味」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・22年6月限 149.86 (+0.13)

安値─高値 149.72─149.87

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.230% (-0.005)

安値─高値 0.230─0.225%

国債先物中心限月6月限は前営業日比13銭高の149円86銭と反発して取引を終えた。一時、149円87銭と4月5日以来の高水準を付けた。様子見ムードが強かったが、アジア時間中に米長期金利が低下したほか午後は株安基調が強まり、買い優勢の展開となった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp低下の0.230%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.13─0.03

3年物 0.16─0.06

4年物 0.19─0.09

5年物 0.22─0.12

7年物 0.30─0.20

10年物 0.41─0.31

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up