Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(3日)
2017年7月3日 / 06:32 / 5ヶ月前

東京マーケット・サマリー・最終(3日)

    * 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                  ドル/円          ユーロ/ドル          ユーロ/円<EURJPY=
                                                          >
 午後5時現在      112.78/80         1.1393/97             128.50/54
 NY午後5時        112.38/40         1.1423/29             128.39/43
 
    午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の
112円後半。東京都議選の結果や日銀短観などを消化しつつ、112円前半を中心
にもみ合いとなった。

 レポート全文:

<株式市場>
 日経平均           20055.80円                 (22.37円高)
 安値─高値       20030.61円─20096.14円                       
 東証出来高         16億0109万株                                 
 東証売買代金       2兆0509億円                                  
 
    東京株式市場で日経平均は小反発。外部環境に落ち着きがみられる中、前週末の
下落の反動も加わり買いが優勢となった。東京都議選による相場への影響は限定的。
指数は一時下げに転じる場面もあったが、下値は堅く切り返した。TOPIXも小反
発した。
    東証1部騰落数は、値上がり1117銘柄に対し、値下がりが767銘柄、変わ
らずが138銘柄だった。
  
 レポート全文:

<短期金融市場> 17時13分現在
 無担保コール翌日物金利(速報ベ  -0.060%                              
 ース)                                            
 ユーロ円金先(17年9月限)      99.965            (-0.005)
 安値─高値                     99.965─99.970                        
 3カ月物TB                    ───            
  
  無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.060%に
なった。四半期末要因のはく落で、前週末に比べてやや水準が切り上がった。レポ(
現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.052%とマイナス幅を
縮小。TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.056%と横ばい。ユーロ
円3カ月金利先物は小動き。

 レポート全文:

<円債市場> 
 国債先物・17年9月限            150.16            (+0.05)
 安値─高値                     150.11─150.19                        
 10年長期金利(日本相互証券引け  0.080%           (-0.005)
 値)                                              
 安値─高値                     0.080─0.080%                        
  
    長期国債先物は小反発。前週末に大きく下落した反動に加えて、日銀の国債買い
入れで需給が締まるとの思惑から買いが先行した。オペが総じて無難な結果に収まっ
たことから底堅さを見せる一方で、10年債入札を翌日に控えたポジション調整が上
値を抑えた。前週末の米債安の影響は限られた。
    現物債市場は高安まちまち。超長期ゾーンは6日の30年債入札を意識した持ち
高調整が入る一方で、中期ゾーンはやや強めになった日銀オペを反映して2年債利回
りに低下圧力がかかった。東京都議選の結果への市場での反応は限られた。6月日銀
短観も、材料視されるまでに至らなかった。

 レポート全文:
    
<CDS市場>

    クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJa
panシリーズ27は今週、タイトな水準を維持しそうだ。円安を背景に株価の底堅
い推移が期待される。直近の指数の出合いで最も低いのは39bp台前半で、足元で
も40bp割れで推移している。

 レポート全文:      

<スワップ市場>   17時12分現在の気配
 2年物     0.09─-0.00
 3年物     0.11─0.01
 4年物     0.13─0.03
 5年物     0.15─0.05
 7年物     0.21─0.11
 10年物    0.31─0.21
 
    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below