Reuters logo
東京マーケット・サマリー(29日)
June 29, 2017 / 6:50 AM / 7 months ago

東京マーケット・サマリー(29日)

    * 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                    ドル/円           ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在        112.18/20          1.1405/09           127.95/99
 NY午後5時          112.28/32          1.1376/80           127.75/79
 
    午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べわずかにドル安/円高 
の112円前半。金融政策がメーンテーマとなっている為替市場では、前日のイングラン
ド銀行(BOE)総裁発言を受け、英ポンドが堅調な足取りを見せたほか、前々日の欧州
中央銀行(ECB)総裁のタカ派発言を受けたユーロが1年ぶりの高値を更新した。

 レポート全文:

<株式市場>
 日経平均           20220.30円                   (89.89円高)
 安値─高値       20197.38円─20266.59円                         
 東証出来高         19億5041万株                                   
 東証売買代金       2兆4419億円                                    
 
    東京株式市場で日経平均は、反発。終値では6月20日以来7営業日ぶりの高値水準
で引けた。ドル/円JPY=は112円台前半と水準に大きな変化はなかったが、前日の米株
が上昇し買い戻しが先行、寄り付き直後に一時130円超高となった。ただ、買い一巡後
は伸び悩みが続き、日中の値幅は約69円だった。TOPIXは堅調な金融株などが押し
上げ要因となり、2015年8月19日以来の高値で引けた。

東証1部騰落数は、値上がり1513銘柄に対し、値下がりが398銘柄、変わらずが1
10銘柄だった。
  
 レポート全文:

<短期金融市場> 15時05分現在
 無担保コール翌日物金利     -0.045─-0.078%中心                     
 ユーロ円金先(17年9月限)  99.960                 (変わらず)
 安値─高値                 99.960─99.960                           
 3カ月物TB                -0.095                 (-0.002)
 安値─高値                 -0.095─-0.095                           
  
    無担保コール翌日物がマイナス0.045─マイナス0.078%を中心に取引され
た。金利水準は前日と大きく変わっていない。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+
1レートはマイナス0.305%とマイナス幅を急拡大した。前日はマイナス0.052
%だった。四半期末のため、債券の品薄感が強まっており、一部で調整とみられる債券確
保の動きが観測されていた。TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.056%
と横ばい。新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス
0.0942%、平均落札利回りはマイナス0.0982%と前回からマイナス幅を縮小
した。落札利回りの上昇は小幅にとどまったことからマイナス0.09%台では海外勢を
含めた需要が一定程度あることが確認された。3カ月物の国庫短期証券(691回)は業
者間取引で強含みで推移した。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

 レポート全文:

<円債市場> 15時現在
 国債先物・17年9月  150.44             (-0.08)
 限                                    
 安値─高値         150.43─150.53                       
 10年長期金利       出合いなし         
 安値─高値                                              
  
    長期国債先物は続落。前日の海外市場で、欧州の中央銀行はタカ派的であるとの見方
から米債が下落した流れを引き継いだ。日経平均株価が堅調に推移したことも売りを誘っ
た。現物債は動意薄。超長期ゾーンは横ばい圏で推移した。
財務省が29日発表した6月18日―6月24日の対外及び対内証券売買契約等の状況(
指定報告機関ベース)によると、非居住者が日本国債(中長期債)を1兆4639億円売
り越した。市場では「円債相場が膠着感を強める状況で、海外勢の需要も勢いが鈍ってい
る。また、20日の国債大量償還が強く影響した」(国内金融機関)とみている。
指標10年347回債は取引が成立しなかった。取引不成立は5月1日以来。

 レポート全文:

    

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below