March 6, 2019 / 7:43 AM / 19 days ago

東京地裁、ゴーン被告を保釈 逮捕から108日ぶり

[東京 6日 ロイター] - 報道によると、会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が6日、勾留先の東京拘置所から保釈された。保釈保証金は10億円。

ゴーン被告は同日、東京都葛飾区小菅の東京拘置所を出た。

東京地検は5日、保釈決定を不服として東京地裁に準抗告したが、同地裁は5日夜、この申し立てを却下した。

保釈の条件は、1)国内の住居制限、2)海外渡航の禁止、3)その他、罪障隠滅・逃亡を防ぐための条件──の3つ。

昨年11月19日の逮捕以降、ゴーン被告は108日にわたって身柄を拘束されていた。ゴーン被告の弁護団は今年1月に2回、保釈を請求したが、東京地裁はいずれも請求を却下。弁護団が弘中惇一郎弁護士らに交代し、先月28日に3回目の保釈請求をしていた。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below