November 11, 2019 / 6:24 AM / 25 days ago

東京外為市場・15時=ドル一時109円割れ、米中楽観論後退し円堅調

    [東京 11日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 109.01/03 1.1023/27 120.18/22
 午前9時現在 109.19/21 1.1020/24 120.35/39
 NY午後5時 109.27/30 1.1016/20 120.35/39

    午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の109
円付近。一時108.99円まで売られ、7日以来の109円割れとなった。週末のトラ
ンプ米大統領の発言を受けて、市場の楽観見通しがやや後退。円が買われた。
    
    トランプ大統領は9日、中国との通商協議は「とてもうまく」進んでいると述べる一
方、米国にとり適切な内容である場合のみ、合意を受け入れるとの考えを示した。
    
    発言を受けた週明けの外為市場は、円が小幅ながら堅調。対ユーロで120円前半、
対豪ドルで74円半ばと、ともに前週末の安値を下抜けた。
    
    香港株の大幅安も投資家心理を冷やした。報道によると香港で11日、警官がデモ隊
に実弾を発砲。少なくとも1人が負傷した。香港市場ではハンセン指数      が2%超下
落。8月13日以来の大幅な下げとなった。
    
    通貨市場でも、香港ドルが7.83香港ドル前半へ急落した。「取引開始時にパニッ
ク的な売りが出た」(外銀)という。
    
    中国で9日に発表された10月生産者物価指数(PPI)が16年7月以来の大幅な
マイナスとなった一方、消費者物価指数(CPI)が8年ぶりの高い伸びを示したことも
話題となった。            
    
    市場では「中国経済は徐々に崖っぷちに追い込まれているようだ。『米国よりも中国
の方が(通商)合意を望んでいた』とするトランプ大統領の発言(9日)は事実なのだろ
う」(FX会社)との声が出ていた。
    
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below