for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

午後3時のドルは小幅下落134円前半、利益確定売りや豪ドル安で

[東京 17日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日のニューヨーク市場終盤(134.21/24円)から小幅に下落し、134.15/17円付近で推移している。ドルは前日の上昇の反動で利益確定売りが優勢となった。また、豪ドル/円の下落を眺め、ドル/円も下押された面があった。

8月17日 午後3時のドル/円は、前日のニューヨーク市場終盤(134.21/24円)から小幅に下落し、134.15/17円付近で推移している。写真は1ドル紙幣。2月14日撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

朝方は海外市場の流れを引き継ぎドル買い/円売りが優勢で始まったことや、日経平均株価の上昇を背景に円売り圧力が強まり、一時134.43円まで上昇。しかしその後は、前日から1円以上上昇した反動で、「持ち高調整が入った」(国内金融機関)ほか、実需の売りも出たとみられ、じりじりと軟化。また、予想を下回る豪賃金統計を受けて、豪ドルが対円で軟調に推移したことも圧迫材料となり、ドル/円は一時133.91円付近まで下落した。

今晩発表される7月の米小売売上高を控えて様子見ムードも強い。ロイタ―調査によると、前月比0.1%増と、6月の1.0%増から鈍化する見通しとなっている。

みずほ証券のチーフ為替ストラテジスト、山本雅文氏は、GDP算出に用いられるコア小売売上高(除く自動車、建材、ガソリン、食品)が鈍化した場合は、「9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の50ベーシスポイント(bp)の利上げ観測が高まり、ドルの下押し圧力がかかる」と指摘。一方、予想を上回った場合は、75bpの利上げ観測が強まり、ドルのサポート要因になるとの見方を示した。

ニュージランドドルは一時的に対ドル、対円で上昇。しかしその後利益確定売りに押され、上げ幅を縮小した。

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は17日、政策金利のオフィシャル・キャッシュレート(OCR)を50ベーシスポイント(bp)引き上げて3.0%とすることを決めた。同時に公表された四半期に一度の金融政策報告で、「最新のOCR予想が前回よりも引き上げられ、タカ派と受け止められた」(国内証券)という。

ドル/円   ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 134.15/17 1.0180/84 136.59/63

午前9時現在 134.27/29 1.0168/72 136.54/58

NY午後5時 134.21/24 1.0170/74 136.50/54

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up