September 17, 2019 / 6:24 AM / a month ago

東京外為市場・15時=ドル108円前半、一時1カ月半ぶり高値

    [東京 17日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 108.17/19 1.1010/14 119.11/15
 午前9時現在 108.13/15 1.1001/05 118.99/03
 NY午後5時 108.12/15 1.1000/04 118.95/99

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の108
円前半。一時108.37円まで上昇し、8月1日以来1カ月半ぶり高値を更新した。週
初はサウジアラビア石油施設への攻撃を懸念して円が買われる出足だったが、その後ドル
買いが勢いづいてきたことで、再び前週高値を上回る展開となった。

    日本が休日だった16日アジア市場は、前週末終盤の108円前半から107円半ば
へ気配値を切り下げてら取引が本格化。107.44円まで一時下落した。サウジ東部に
ある国営石油会社サウジアラムコの施設に対する攻撃を受け、原油価格が1割超急騰した
ことが手掛かりとなった。
    
    しかしその後ドルはじりじりと反発。きょう朝方には108円台を回復して週初来の
下げ幅を埋め、その後一段高となった。米国が戦略石油備蓄の放出を承認したこと、リス
ク回避的なドル買いが勢いづいたこと、「多くの参加者が米債を買い持ちにしている状態
で、金利が低下しにくくなっている」(外銀)ことなどが背景となった。
    
    さらにこの日の取引では、3連休明けで輸入企業によるドル買いが活発化。トランプ
米大統領が、関税障壁などに関して日本と合意に達したと明らかにしたこと、米通商代表
部(USTR)が、米中貿易交渉の次官級協議を19日にワシントンで開くと発表したこ
となども、円反落を支えた。
        

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below