November 19, 2019 / 6:11 AM / a month ago

東京外為市場・15時=ドル108円半ば、米大統領発言が重し

    [東京 19日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 108.61/63 1.1073/77 120.29/33
 午前9時現在 108.65/67 1.1070/74 120.31/35
 NY午後5時 108.66/69 1.1070/74 120.31/35

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらずの10
8円半ば。一時108.47円まで下落した。トランプ米大統領のドル高けん制発言を受
けて、上値の重さが目立った。
    
    米連邦準備理事会(FRB)によると、パウエル議長は18日、トランプ大統領とホ
ワイトハウスで会談し「経済成長や雇用、インフレ」などを協議した。FRBは「金融政
策は協議しなかった」としたものの、大統領は会談後にツイッターで「金利やマイナス金
利、低水準のインフレ、金融緩和、ドル高と製造業への影響、中国や欧州連合(EU)と
の貿易など、すべての問題について協議した」ことを明かした。            
    会談にはムニューシン財務長官も出席。マイナス金利やドル高の影響を協議したとあ
って、市場では「ドルの上値を買いづらくなった」(トレーダー)との声が上がった。
    
    FRBによると、11月13日時点のバランスシート(B/S)は4兆0063億ド
ルと、1月30日以来9カ月半ぶりに4兆ドルを回復した。「大量資金供給と事実上の量
的緩和政策の下、ゼロ金利やマイナス金利がひとごとではなくなる日はそう遠くない」(
外国銀)との意見もあった。
    
    オーストラリア準備銀行(中央銀行)が公表した11月理事会の議事要旨で、利下げ
を検討していたことが判明したことも、円買い圧力を強めた。豪ドルは朝方の74円前半
から73円半ばへ下落した。
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below