November 15, 2019 / 6:14 AM / a month ago

東京外為市場・15時=ドル108円半ば、2週間ぶり安値から反発

    [東京 15日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 108.57/59 1.1019/23 119.67/71
 午前9時現在 108.49/51 1.1018/22 119.54/58
 NY午後5時 108.39/42 1.1021/25 119.48/52

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の108円
半ば。一時108.63円と、前日海外でつけた2週間ぶり安値から切り返した。
    
    この日は実需の売買が集中する5・10日とあって、輸入企業などの買いが先行した
もよう。香港株の反発や日経平均の上げ幅拡大も、円が軟化する一因となった。
    
    カドロー米国家経済会議委員長の発言も話題となった。同氏は日本時間朝、ワシント
ンで開かれたイベントに出席して政権の通商担当高官と直前に会合を行ったと明かし、対
中交渉は「まだ合意に至っていないが、非常に良い進展があり、協議は極めて建設的だ」
と発言した。
    
    リスクオフムードが若干緩和したことで、前日に大きく売られた豪ドルも、73円後
半へ小幅反発した。前日海外では73円前半と1カ月ぶり安値を更新していた。
    
    米国が対中関税を発動する12月15日に向けて、交渉過程に市場が一喜一憂する展
開に変わりはない。円が買われた14日は、英紙フィナンシャル・タイムズが「第1段階
」の通商合意取りまとめが難航していると伝えた。
    
    前日海外でドルは108.39円まで下落した。米議会超党派の諮問機関「米中経済
安全保障調査委員会」が公表した年次報告で、中国政府が香港の抗議デモ抑圧に軍を投入
すれば、香港に対する経済優遇措置を停止する法律を制定するよう提言したことが、市場
心理を冷やしたという。
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below