March 25, 2020 / 6:30 AM / in 11 days

東京外為市場・15時=ドル111円前半、米の大型対策に期待

    [東京 25日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 111.20/22 1.0815/19 120.30/34
 午前9時現在 111.11/13 1.0796/00 119.97/01
 NY午後5時 111.21/24 1.0787/91 120.06/10

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から変わらずの111
円前半。海外市場でつけた高値には及ばなかかったが、米国の景気対策への期待感から、
底堅い動きが続いた。
    
    東京市場午前にドルはいったん下落。110.75円まで売られた。米経済対策は早
期成立が難しいのではないかとの思惑、世界保健機関(WHO)が米国での感染急拡大に
警戒感を示したことなどが、ドル売りにつながったという。
    
    しかし「これらの材料は後付けの可能性が高い。年度末を控えた実需の売買が主導し
、実需取引を背景とするドルの上下動に、後からそれらしい講釈がつけられたのではない
か」(外為アナリスト)という。
    
    日本企業による海外収益の自国送金(レパトリ)に伴うドル売り/円買いが入ったと
の声も出ていた。
    
    午後に入ると一転、ドルは買いが先行。111.50円まで切り返した。米国で上院
とトランプ政権幹部が、大規模な経済対策の実施で合意に達したことが手掛かり。日経平
均は1500円近い大幅上昇となった。
    
    ただ市場では、その後も「海外勢の間でも四半期末の持ち高調整に関連した取引が出
ている。激しい値動きで取引量そのものが減少しているので、そうした取引の影響が普段
以上に出やすい」(外銀)との指摘が出ていた。

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below