for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・15時=ドル128円後半で底堅い、リスクオフ後退で

    [東京 13日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 128.88/90 1.0394/98 133.98/02
 午前9時現在 128.59/61 1.0377/81 133.45/49
 NY午後5時 128.32/35 1.0379/81 133.19/23

    午後3時のドル/円は、前日のニューヨーク市場終盤(128.32/35円)に比
べてドル高/円安の128.88/90円で推移している。日経平均株価が堅調に推移す
るなどリスクオフの流れが一時的に後退したことから、ドル買い/円売りが優勢になり、
底堅い展開が続いた。仲値にかけては、実需によるドル買いや時間外取引の米長期金利の
上昇を背景に一時129.35円の高値を付ける場面もあった。
    
    きょうの東京株式市場で日経平均は、一時700円超高となるなど大幅に上昇した。
ただ、市場では「いったんリスクオフムードが和らいだことでドル買い/円売り地合いと
なったが、まだきょうの海外市場の動きを確認するまで、完全に後退したかは不透明」(
国内証券)との声も聞かれた。
    
    ドル/円は128円後半と底堅さを維持しているものの、目先は円高方向のリスクに
警戒が必要との見方もある。バークレイズ証券のチーフ為替ストラテジスト・門田真一郎
氏は、「これまで市場では、高止まりするインフレ指標によって利上げ期待が高まってい
たが、足元ではインフレ動向よりも米国の景気減速懸念がフォーカスされている印象」と
話す。
    米国の景気減速懸念でリスク回避姿勢が強まれば、ドル買い/円売りの巻き戻しが起
こるリスクもあり、「短期的には昨日の海外時間に付けた127円半ば付近が下値めどと
して意識されそうだ」(門田氏)という。
    
    ユーロは対ドル、対円で軟調な地合いが続いている。欧州の景気減速懸念が根強い中
、ロシアによるガス供給停止やフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟申請な
ど、ロシアとの対立が激化するとの見方から、昨日の海外時間にユーロ売りが加速した。
    
    ウクライナ情勢の緊迫状態が長期化していることを踏まえ、「短期的にユーロが買い
戻される可能性はあるが、長期的にみれば上値の重い地合いが継続しそうだ」(国内金融
機関)との声もあった。
    
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up