April 27, 2018 / 5:54 AM / 25 days ago

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、米金利低下や南北首脳会談を好感

[27日 ロイター] - 27日中盤の東南アジア株式市場はおおむね上昇。米国債利回り低下を好感した。南北首脳会談で朝鮮半島の緊張が緩和し、地合いを押し上げた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0424GMT(日本時間午後1時24分)時点で、0.82%高。工業株や金融株が相場を支えした。SMインベストメンツは一時1.4%高、BDOユニバンクは一時2.4%上昇した。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.01%高。ただ、週間の下げは約5年ぶりの大きさとなる見込み。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.01%高。週間ではおおむね横ばいとなる見通し。

バンコク市場のSET指数は0.20%高。ホーチミン市場のVN指数は0.96%高。

クアラルンプール市場は金融、素材株主導で、総合株価指数KLCIは0.41%高。ただ、週間では下落となる見通し。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below