May 18, 2018 / 5:32 AM / 5 months ago

東南アジア株式・中盤=おおむね下落、米中貿易協議を警戒

[18日 ロイター] - 18日中盤の東南アジア株式市場は、おおむね下落。貿易摩擦をめぐる米中協議への警戒感が響いた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.5%安。産業株と金融株の下落に圧迫された。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は金融株が主導する形で反落した。0419GMT時点は0.40%安。

一方、ジャカルタ市場の総合株価指数は、インドネシア中央銀行が前日に政策金利の引き上げを決めた後に上昇し、一時0.5%高まで上げた。ユニリーバ・インドネシアとバンク・マンディリはそれぞれ1.4%高。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.4%高。複合企業ゲンティンは2.9%高、国営石油会社ペトロナスのガス子会社ペトロナス・ガスは1.5%高まで上昇した。

バンコク市場のSET指数は0.19%安、ホーチミン市場のVN指数は0.31%安。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below