January 10, 2020 / 5:47 AM / 16 days ago

東南アジア株式・中盤=おおむね小動き、マニラは大幅安

[10日 ロイター] - 10日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半が狭いボックス圏内で推移している。米雇用統計の発表を前に、投資家の間に模様眺めが広がっている。一方、マニラ市場は域内で最も大幅に下げている。

0454GMT(日本時間午後1時54分)時点で、マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.87%安。昨年11月のフィリピンの貿易赤字が、前月から拡大したことが悪材料になっている。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.24%安。消費関連株と通信株が安い。

一方、バンコク市場のSET指数は0.02%高と、ほぼ横ばい。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.14%高と小高い。ジャカルタ市場の総合株価指数は0.02%高、ホーチミン市場のVN指数は0.46%高。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below