July 13, 2020 / 5:46 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=まちまち、コロナ懸念でマニラは下落

[13日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。フィリピン市場は同国の新型コロナウイルスによる1日の死者数がこれまでで最多となったことを受け、下落している。

フィリピンの主要株価指数PSEiは0355GMT(日本時間午後0時55分)時点で0.60%安。

メトロ・パシフィック・インベストメンツは3.38%安、ファースト・ジェンは3.01%安。

インドネシアでも週末に感染者数が急増したものの、ジャカルタ市場の総合株価指数は他のアジア市場が中国株主導で上昇する中、0.44%高。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.60%高、バンコク市場のSET指数は0.78%高。

一方、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.16%安だった。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below