for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=まちまち、マニラが安い

    [25日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場はまちまち。
米連邦準備理事会(FRB)の政策立案者がタカ派にシフトしたことで
、米国の早期利上げ観測が強まったほか、投資家がより高リスクの資産
に対して警戒感を強めた。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは、0403GMT(日
本時間午後1時03分)時点で0.83%安。
    一方、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.65%高。
    インドネシア中央銀行総裁は24日、銀行システムにおける過剰流
動性を縮小する予定だが、インフレ上昇の兆候をみるまでは低金利を維
持すると語った。
    クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.15
%安。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は
0.17%安。
    バンコク市場のSET指数は0.10%高。
    
    
                                   時間    現在値   前日比     %
 シンガポー  ST指数             14:32   3224.62    -2.53  -0.08
         ル                                                 
             前営業日終値                 3227.15                
 マレーシア  総合株価指数 <.KLS   14:32   1519.59    -2.68  -0.18
             E>                                             
             前営業日終値                 1522.27                
 インドネシ  総合株価指数 <.JKS   13:30   6719.83  +36.553  +0.55
         ア  E>                                             
             前営業日終値                6683.277                
 フィリピン  総合株価指数 <.PSI   13:50   7369.27   -49.83  -0.67
             >                                              
             前営業日終値                 7419.10                
   ベトナム  VN指数             13:31   1502.14   +13.27  +0.89
             前営業日終値                 1488.87                
       タイ  SET指数           14:29   1648.85    -0.97  -0.06
             前営業日終値                 1649.82    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up