July 7, 2020 / 6:42 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=まちまち、上げ一服

[7日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場はまちまち。アジア市場は前日の大幅高から一服している。

クアラルンプール市場はマレーシア中央銀行がこの日に金融政策を発表するのを控え、軟調に推移している。投資家は追加利下げの可能性を注視している。

新型コロナウイルスの影響で低迷する経済のため追加利下げを行うと見込まれている。

総合株価指数KLCIは0454GMT(日本時間午後1時54分)時点で、0.67%安。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.96%安、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.10%安。

一方、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.06%高、バンコク市場のSET指数は1.34%高。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below