June 19, 2020 / 6:47 AM / 17 days ago

東南アジア株式・中盤=まちまち

[19日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。米失業保険申請件数の改善ペース鈍化や北京での新型コロナウイルス集団感染が世界的に市場心理を圧迫している。

0400GMT(日本時間午後1時)時点で、マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.25%安。このまま推移すれば、週間では4月以来の下落率となる。フィリピンでは新規感染者が増加しており、一部制限措置の継続を余儀なくされている。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.42%高。インドネシア中央銀行は0.25%利下げし、追加の利下げも示唆した。4─6月期の同国経済は約20年間で初のマイナス成長になる見通し。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.06%安。シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.85%安。バンコク市場のSET指数は0.12%高。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below