June 11, 2020 / 6:44 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=シンガポールが大幅安

[11日 ロイター] - 中盤の東南アジア市場ではシンガポールの株価が急落。米連邦準備理事会(FRB)の見通しにより、都市封鎖措置が解除されれば力強く景気が回復するとの期待感が後退した。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数は2.5%安。ジャカルタ市場の総合株価指数、クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIはそれぞれ1%を下回る下げとなっている。

シンガポール市場では、銀行、不動産などの金利敏感株が下げを主導。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.9%安。一時2.7%安となっていた。バンコク市場のSET指数は0.4%安。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below