May 20, 2019 / 5:05 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=ジャカルタは上伸、大統領選の結果発表前に

[20日 ロイター] - 週明け20日中盤の東南アジア株式市場では、インドネシア大統領選の結果発表を前に、ジャカルタ市場が上伸した。一方、マニラ市場は米中貿易摩擦を背景に取引が手控えられ、下落した。

22日の結果発表では、現職のジョコ大統領の再選が確認されるとみられている。INGは調査ノートで、ジョコ大統領が再選することが、「市場にとっては最も好ましい結果だ」と指摘した。

ジャカルタ市場の総合株価指数は、金融株や通信株が下支えとなり、0.73%高。指数は前営業日まで5営業連続で下げていた。

マニラ市場は0.57%安。不動産株や産業株が押し下げた。

ホーチミン市場のVN指数は0.02%安。公益企業株が上昇し、不動産株の下落を相殺した。

シンガポール、バンコク、クアラルンプールの各市場は休場。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below