June 5, 2019 / 5:57 AM / 21 days ago

東南アジア株式・中盤=バンコクとホーチミン上昇、世界の株高に追随

[5日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は、バンコク市場とホーチミン市場が上昇。米連邦準備理事会(FRB)が利下げを示唆し、世界各地で株価が上昇した流れに追随した。域内の休日のため商いは低調。

バンコク市場のSET指数は0.6%上昇し、約3週間ぶり高値を付けた。主力銘柄のエネルギー株が上昇を幅広くけん引している。国営タイ石油会社(PTT)は1.1%高。出来高は30日平均の10%未満だった。

ホーチミン市場のVN指数は不動産株にけん引され、約0.5%高。デベロッパーのビングループは約0.8%高。出来高は同じく30日平均を大幅に下回っている。

シンガポール市場とジャカルタ市場、クアラルンプール市場、マニラ市場はイスラム教の断食明け大祭のため休場。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below