March 17, 2020 / 5:12 AM / 18 days ago

東南アジア株式・中盤=マニラが休場、他の市場は下落

[17日 ロイター] - 17日の東南アジア株式市場では、マニラ市場が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休場となった。他の市場は過去最大の下げ幅となったニューヨーク市場の暴落につれて、急落した。

INGのアナリストらはリポートで、「大きな懸念は、中央銀行がウイルス感染拡大との戦いで必要とされる政策余地を使い切りつつあるように見えることだ」と指摘。「各国政府による協調的な財政対策が求められる」と強調した。

シンガポール株は1.4%安まで下げ、10年半以上ぶりの安値を付けた。金融株の下落が影を落とした。

クアラルンプール株は5.4%安で、約10年半ぶり安値。マレーシアは感染拡大を踏まえ、国境を封鎖、学校や大学を閉鎖したほか、大半のビジネスも停止するよう命じた。

ジャカルタ株は4%以上の下落。4年超ぶりの安値に沈んだ。全面安となった。

バンコク株は0.7%安。不動産株と金融株が下げを主導した。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below