November 26, 2019 / 6:29 AM / 16 days ago

東南アジア株式・中盤=マニラ反発、シンガポールは続落

[26日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は、フィリピン中央銀行の利下げへの期待感からマニラ市場が反発し、上昇率が域内最大となっている。一方、シンガポール市場は製造業データの発表を前に続落している。

0410GMT(日本時間午後1時10分)時点で、マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.52%高。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.33%安。

その他の域内市場はおおむね小動き。米中両国が「第1段階」の貿易合意について電話で協議したとの報道は相場に影響していない。

クアラルンプール市場の総合指数KLCIは0.09%高、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.08%高、バンコク市場のSET指数は0.05%安、ホーチミン市場のVN指数は0.24%高。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below