for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=上昇、ジャカルタは1週間ぶり高値

[2日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み上昇。ジャカルタ市場の総合株価指数は一時1%高となり、1週間ぶり高値を付けた。金利をめぐる楽観的な見方や域内市場の株高が支援した。

0344GMT(日本時間午後0時44分)時点では0.83%高。

バンク・オケ・インドネシアが33.73%急伸し、グローバル・テレショップが31.51%高となった。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.39%高、マニラ市場の主要株価指数PSEiは1.33%高。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.33%高。シティ・デベロップメンツが1.52%高、シンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリングが1.52%高となり、上げを主導した。

バンコク市場のSET指数は0.41%高だった。 (アジア株式市場サマリー)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up