Reuters logo
東南アジア株式・中盤=上昇、原油高で
2017年6月27日 / 05:28 / 5ヶ月後

東南アジア株式・中盤=上昇、原油高で

[27日 ロイター] - 27日中盤の東南アジア株式市場はおおむね上昇。原油先物が4営業日続伸したことを好感した。ホーチミン市場は一時、9年ぶり高値に上伸した。

バンコク市場は0.4%上昇し、4カ月半ぶり高値を付けた。金融株、工業株、エネルギー株が小幅高となっている。

この日に予定されているイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演も、今後の追加利上げの動向の手掛かりとして注目されている。

イエレン議長は最近の一連の弱い経済指標を受けても楽観的な経済の見通しを維持し、年内にもう一度の追加利上げというFRBの予想を補強するとみられる。

東南アジアの中では、マニラ市場の上げが目立った。主要株価指数PSEiは0356GMT時点で0.80%高の7876.89。港湾運営のインターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービス が3.4%高、複合企業SMインベストメンツ が1.2%高。

シンガポール市場 は0.4%上昇。金融株が上げを主導した。OCBC銀行 が0.3%高、UOB銀行 が0.3%高。

クアラルンプール市場、ジャカルタ市場は祝日で休場。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below