June 8, 2020 / 5:57 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=上昇、堅調な米雇用統計を受け

[8日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は軒並み上昇。5月の米雇用統計が予想外の改善となったことを受けて、世界経済が回復するとの見方が強まった。

ジャカルタ市場が2%超高と、域内市場の中で特に値上がりした。インドネシア政府が新型コロナウイルス感染拡大に伴う規制措置を緩和し始めたことが背景。 ジャカルタ市場の総合株価指数は一時2.50%高となり、3カ月ぶりの高値を付けた。首都ジャカルタ特別州が封鎖措置を緩和し、経済活動を再開させたとの報告が投資家心理を押し上げた。

シンガポールのストレーツ・タイムズ指数(STI)は1.3%高と、3カ月ぶりの高値水準となった。複合企業のジャーディン・マセソン・ホールディングスは3.7%高。

0330GMT(日本時間午後0時30分)時点で、バンコク市場のSET指数は1.28%高、ホーチミン市場のVN指数は1.44%高。どちらの指数も、2月下旬以来の高値を付けた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.77%高。クアラルンプール市場は祝日のため休場 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below