for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=下落、新たな変異株を懸念

    [ 26日 ロイター] - 東南アジア株式の株価は、軒並み下落した。新型コロナ
ウイルスの新たな変異株がワクチンに耐性を持つ可能性が明らかになったことから、投資
家はリスク資産を回避した。
    シンガポールとバンコク、マニラの各市場は一時1.3%超下落した。
    科学者らは、南アフリカで見つかった新たな変異株について、免疫反応を回避できる
可能性があると説明している。英当局は、新変異株がこれまでで最も大きな影響を及ぼす
と指摘。ワクチンの有効性が弱まり、パンデミック(世界的大流行)との戦いの努力を損
なう恐れがあると述べた。

                              時間     現在値     前日比         %
  シンガポ  ST指数 <.STI   14:35    3172.04     -49.48      -1.54
      ール  >                                             
            前営業日終値              3221.52                      
  マレーシ  総合株価指数 <   14:36    1511.21      -6.39      -0.42
        ア  .KLSE>                                        
            前営業日終値              1517.60                      
  インドネ  総合株価指数 <   13:30    6603.09    -96.259      -1.44
      シア  .JKSE>                                        
            前営業日終値             6699.346                      
  フィリピ  総合株価指数 <   13:50    7278.44     -90.83      -1.23
        ン  .PSI>                                         
            前営業日終値              7369.27                      
  ベトナム  VN指数 <.VNI   13:31    1505.10      +4.29      +0.29
            >                                             
            前営業日終値              1500.81                      
      タイ  SET指数 <.S   14:29    1624.27     -24.19      -1.47
            ETI>                                          
            前営業日終値              1648.46    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up