June 25, 2020 / 6:04 AM / 9 days ago

東南アジア株式・中盤=下落、新型コロナ感染拡大や貿易摩擦再燃を懸念

[25日 ロイター] - 東南アジア株式市場は下落。新型コロナウイルスの感染拡大加速や貿易摩擦再燃への懸念でドルや他の安全資産に資金が流れている。

シンガポールやタイなど、貿易依存度の高い国の株式市場が特に打撃を受け、0357GMT(日本時間午後0時57分)時点でシンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は1.28%安、バンコク市場のSET指数は1.59%安。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.89%安。ロイター通信の調査によると、大半のアナリストは、フィリピン中央銀行がこの日の金融政策会合で政策金利を2.75%で据え置くと予想している。中銀は一段の緩和に踏み切る前に、今年3回の利下げの経済への影響を評価するとみられる。 クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.69%安、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.81%安。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below