February 28, 2020 / 7:16 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=下落、新型肺炎の世界的拡大で

[28日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場の株価は下落。ジャカルタ市場は4%近く下落した。投資家らは、新型肺炎がパンデミック(大流行)となり、世界的なリセッション(景気後退)を引き起こす恐れを懸念している。

ジャカルタ市場とバンコク市場は、先週付けた最高値から10%超下落した。

0425GMT(日本時間午後1時25分)現在ジャカルタ市場の総合株価指数は3.93%安。バンコク市場のSET指数は3.45%安。マニラ市場の主要株価指数PSEiは2.17%安。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは1.47%安で2011年12月以来の安値水準。

ホーチミン市場のVN指数は2.13%安。エネルギー株と消費財株が安かった。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は2.54%安。工業株と金融株が安い。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below