January 17, 2020 / 5:50 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、中国経済指標を好感

[17日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は大半が上昇。国内総生産(GDP)など一連の中国経済指標の発表を受けて投資意欲が押し上げられ、相場をしっかり下支えする形となった。ただ、インドネシア市場は、さえない自動車販売統計に圧迫されている。

0407GMT(日本時間午後1時07分)時点でジャカルタ市場の総合株価指数は0.23%安。昨年12月のインドネシア自動車販売台数は、前年同月比で1.4%減となった。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.32%高。

前日まで2日続落していたマニラ市場は0.22%反発。ただ、週間では1.4%安となる見通し。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)はほぼ変わらず。バンコク市場のSET指数は0.29%高、ホーチミン市場のVN指数は0.17%高で推移している。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below