September 13, 2019 / 5:18 AM / 6 days ago

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、貿易摩擦緩和や欧州中銀の刺激策好感

[13日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は大半が上昇。米中貿易摩擦緩和の兆候や欧州中央銀行(ECB)の積極的な景気刺激策が、世界景気後退への懸念を和らげた。

来週の米中貿易協議を控え中国が米農産物の追加購入を表明したことに米政権は12日、歓迎の意を表明。トランプ米大統領は暫定合意の可能性を検討していると報じられた。暫定合意では制裁関税の延期に加え、既に実施している措置が縮小される可能性もある。

0404GMT(日本時間午後1時04分)時点でマニラ市場の主要株価指数PSEiは0.55%高と東南アジア6市場で特に上昇している。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.27%高。金融株と産業株が上昇を主導。

ホーチミン市場のVN指数は0.15%高、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.05%高。

一方、クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは続落で0.27%安。通信大手のディジ・ドットコムとマキシスがKLCIを押し下げた。 バンコク市場のSET指数は0.07%安。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below