May 18, 2020 / 5:50 AM / 3 months ago

東南アジア株式・中盤=大半が上昇

[18日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が上昇。各国で封鎖措置が緩和され、経済活動が再開しているため、楽観的な見方が再浮上。世界的な株高の流れを引き継いだ。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0407GMT(日本時間午後1時07分)時点で0.81%高。同国の4月の輸出が3カ月連続の増加となったことが好感された。医薬品の伸びが顕著だった。

バンコク市場のSET指数は0.52%高。原油高を背景にエネルギー株が上昇し、全体の指数を押し上げた。ランナー・リソーシズは一時14.4%高。プリマ・マリンは3.8%高。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.01%高、クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.52%高、ホーチミン市場のVN指数は0.32%高だった。

一方、マニラ市場の主要株価指数PSEiは1.10%安。工業株や通信サービス株が安い。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below