for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=大半が下落、世界的な景気減速懸念で

    [15日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場の株価は大半
が下落した。米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和縮小の時期を
めぐる不透明感が拡大。加えて、中国の経済指標が予想を下回ったこと
で世界経済の成長減速懸念が広がり、リスク資産への投資を避ける動き
が強まった。
    0355GMT(日本時間午後0時55分)時点で、下げ幅が最も
大きかったのはシンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI
)で0.77%安。シンガポールでは、新型コロナウイルス関連
の規制緩和が感染者の急増を受けて一時停止されたことが響いた。
    クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.29
%安、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.27%安、マニラ
市場の主要株価指数PSEiは0.14%安。 一方、バンコク
市場のSET指数は0.11%高となった。
    
                                  時間    現在値   前日比             %
 シンガポー  ST指数            14:05   3061.83   -18.54          -0.60
         ル                                                
             前営業日終値                3080.37                        
 マレーシア  総合株価指数 <.KLS  14:05   1551.37    -4.14          -0.27
             E>                                            
             前営業日終値                1555.51                        
 インドネシ  総合株価指数 <.JKS  13:30   6117.26  -11.839          -0.19
         ア  E>                                            
             前営業日終値               6129.095                        
 フィリピン  総合株価指数 <.PSI  13:50   6880.20   -40.16          -0.58
             >                                             
             前営業日終値                6920.36                        
   ベトナム  VN指数            13:31   1338.69    -1.01          -0.08
             前営業日終値                1339.70                        
       タイ  SET指数          14:20   1627.88    +4.04          +0.25
             前営業日終値                1623.84    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up