July 29, 2019 / 5:28 AM / 22 days ago

東南アジア株式・中盤=大半が下落、FOMC控え

[29日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が下落。大方の予想で利下げが見込まれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、警戒感が広がっている。

米連邦準備理事会(FRB)は30、31日に行われるFOMCで0.25%の利下げを行うと幅広く予想されている。市場の注目は、パウエルFRB議長が追加利下げを示唆にするかに集まっている。

一方、米中が閣僚級の貿易協議を30日から上海で再開するものの、協議は急進展するとの期待感は限定的。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.65%下落し、3341.98と2週間ぶりの安値。工業株が安かった。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.67%下落。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.27%下落。消費財株と通信株が安い。

クアラルンプール市場の総合指数KLCIは0.27%下落、ホーチミン市場のVN指数は0.06%上昇。

バンコク市場は祝日のため休場。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below