November 21, 2018 / 5:32 AM / 24 days ago

東南アジア株式・中盤=大半が軟調、米株価や原油相場の下落受け

[21日 ロイター] - 21日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が下落。前日の米株式市場の続落や原油安が世界経済の不透明感を強め、投資家のリスク回避姿勢が強まった。

MSCIアジア太平洋株指数(日本を除く)は直近で0.55%安。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0325GMT(日本時間午後0時25分)時点で0.99%安。工業株と金融株が重しとなった。複合企業のSMインベストメンツ・コープは一時2.7%安。

休場明けのジャカルタ市場の総合株価指数は0.61%安。金融株や消費財関連株が軟調で、テレコムニカシ・インドネシアは一時2.5%安。ユニリーバ・インドネシアは3.2%安。

休場明けのクアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.83%安。マレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は一時3.3%安、IHHヘルスケアは3.1%安。

バンコク市場のSET指数は0.36%安。エネルギー株が押し下げ、タイ石油会社(PTT)は一時1%安。

ホーチミン市場のVN指数は0.55%安。

一方で、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.42%高。OCBC銀行とUOB銀行が上昇している。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below