January 24, 2020 / 6:42 AM / 25 days ago

東南アジア株式・中盤=小動き、新型肺炎への懸念や春節休暇で薄商い

[24日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は小動き。中国での新型肺炎の感染急拡大に対する懸念で、市場に警戒感が広がった。旧正月で中国や台湾のほか、韓国やベトナムの各金融市場が休場で、全般に薄商い。

INGバンクは顧客向けリポートで「新型肺炎の感染拡大報道が引き続き市場心理に影を落としている」と述べた。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは5営業日続落し、0310GMT(日本時間午後0時10分)時点で0.32%安。資源株や公益事業関連株が下落している。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.07%高。金融株や通信株が高い。

バンコク市場のSET指数は0.08%高。こちらも金融・通信株が支えている。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.03%安、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.05%安。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below