Reuters logo
東南アジア株式・中盤=軒並み下落、北朝鮮のミサイル発射受け
2017年8月29日 / 05:33 / 23日前

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、北朝鮮のミサイル発射受け

[29日 ロイター] - 29日中盤の東南アジア株式市場は軒並み下落。北朝鮮が日本上空を通過するミサイルを発射したことで、投資家は金などの安全資産を求めた。

アジア市場はミサイル発射を受け下落。MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)は一時0.9%安まで下落した。

マニラに拠点を置くアジアセック・エクイティーズのアナリスト、マニー・クルス氏は「北朝鮮(のミサイル発射に)に対する反射的な反応だと思う。今後米国がどのように反応するか次第だ」と述べた。

クアラルンプール市場のKLSE総合指数は、東南アジア市場で最も値を下げ、0.56%安の1759.52で1カ月超ぶりの下落。金融株と産業株が下げを主導し、マラヤン・バンキング(メイバンク)が約3カ月ぶりの安値、サイム・ダービーが最大2.1%安。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数は一時0.7%安。金融と通信株が最も下げ、OCBCバンク(華僑銀行)が1カ月超ぶりの安値。シンガポール・テレコムが最大1.1%安。 (アジア株式市場サマリー)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below