December 6, 2018 / 5:34 AM / 9 days ago

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、米中の新たな対立懸念

[6日 ロイター] - 6日中盤の東南アジア株式市場は、幅広いアジア市場と歩調を合わせて軒並み下落した。カナダ当局が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部を逮捕したことを受け、(逮捕を要請した)米国と中国の新たな対立への懸念が高まった。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)はハイテク関連株が下げを主導し、一時1.4%安。3日続落の見込み。シンガポール・プレス・ホールディングスは4.2%安、揚子江船業集団は2.4%安。

バンコク市場のSET指数はエネルギー株や金融株の下げが響き、一時1.4%安。国営タイ石油公社(PTT)は2.4%安、国営タイ空港会社(AOT)は1.1%安。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは、金融株、不動産株を中心に1.1%安まで下落。アヤラ・コープは2.1%安、BDOユニバンクは1.5%安。

0415GMT時点で、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.49%安、クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.54%安、ホーチミン市場のVN指数は0.13%安。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below