November 28, 2019 / 7:27 AM / 17 days ago

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、香港法成立を嫌気

[28日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は軒並み下落。米国での香港デモを支持する法案の成立が対中貿易協議の障害になるとの懸念が広がった。

民主主義と自治権の拡大を求める大規模な抗議活動は、暴力行為が過激化しており、中国が鎮圧に向けて徐々に対応を強化する恐れがある。中国外務省は、米国が香港問題への干渉を続けるなら、「断固とした対抗措置」を講じると述べた。

OCBCトレジャリー・リサーチは顧客向けノートで「中国がどのような対抗策を取るのか、貿易協議が頓挫するかが注目される」と指摘した。

米国の好調な経済指標が下げを抑制した。7ー9月期の米GDP改定値は、前期からわずかに加速。速報値では減速だった。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below