June 5, 2020 / 5:52 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=軟調、フィリピンは利食い売りで下落

[5日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は軟調。マニラ市場では7営業日続伸を受けた利益確定の売りが出て、一時3%下落した。アジア各地の市場は好調だった今週の上昇から、下落に転じている。 シンガポールのストレーツ・タイムズ指数(STI)は0343GMT(日本時間午後0時43分)時点で、0.55%高。クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.22%安。両指数とも、このまま推移すれば週間では10年以上ぶりの上げ幅となる。 マニラ市場は主要株価指数PSEiは1.51%安。ただ経済活動再開をめぐる楽観ムードが広がる中、週間では3月以来の上げ幅を確保する見通し。 複合企業SMインベストメンツ、不動産大手アヤラ・ランドがいずれも一時、5%近く下げた。 ジャカルタ市場の総合株価指数は0.38%安。金融銘柄の下げが目立ち、一時1.3%下落した。 ホーチミン市場のVN指数は0.07%安。バンコク市場のSET指数は0.26%高で、通信や金融銘柄を支えに、5営業日続伸となる方向。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below