March 13, 2019 / 5:43 AM / 8 days ago

東南アジア株式・午前=大半が下落、中国鉱工業生産の発表控え様子見

[13日 ロイター] - 午前の東南アジア株式市場は、大半がさえない値動きとなった。中国の鉱工業生産など主要統計の発表を控えて、投資家らは様子見姿勢を維持した。

シンガポール市場は反落。ストレーツ・タイムズ指数(STI)は0312GMT(日本時間午後0時12分)時点で、0.76%安の3187.79。銀行株のDBSグループ・ホールディングスは1.2%安。

バンコク市場のSET指数は0.06%安の1626.61、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.02%安の6352.349。マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.06%安の7743.22。

複合企業SMインベストメンツは1.6%安とPSEiを押し下げ、不動産大手SMプライム・ホールディングスや、飲料・食品メーカーのユニバーサル・ロビーナの上昇を相殺した。

ホーチミン市場のVN指数は0.54%高の1006.75。金融株や不動産株が押し上げた。ビングループは0.7%高、ビンコム・リテールは2.5%高。 クアラルンプール市場の総合指数KLCIは0.18%高の1674.35。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below