August 9, 2019 / 5:17 AM / 16 days ago

東南アジア株式・午前=軒並み上昇、中国輸出増が支援材料

[9日 ロイター] - 9日午前の東南アジア株式市場は、ジャカルタ市場が主導し軒並み上昇している。7月の中国の輸出が市場予想に反して増加したことが支援材料。

0354GMT(日本時間午後0時54分)時点で、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.27%高。銀行株が上げており、バンク・セントラル・アジアは1%高、バンク・ラクヤット・インドネシアは0.9%高。流動性の高い45銘柄で構成する指数は0.4%高。

バンコク市場のSET指数は、金融株とエネルギー株に支援され、0.19%高。バンコク銀行は2.4%高、国営タイ石油会社(PTT)は0.6%高。

クアラルンプール市場は小じっかりで、総合株価指数KLCIは0.09%高。パブリック銀行は0.8%高、RHB銀行は0.4%高。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.09%高。金融、通信株が上昇し、工業株と公益株の下落を相殺している。

ホーチミン市場のVN指数は0.22%高。シンガポール市場は独立記念日のため休場。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below