Reuters logo
東南アジア株式・引け=おおむね上昇、FRB議長の議会証言好感
July 13, 2017 / 10:15 AM / 6 months ago

東南アジア株式・引け=おおむね上昇、FRB議長の議会証言好感

[13日 ロイター] - 東南アジア株式市場はおおむね上昇。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が議会証言で、金融引き締めは緩やかに行うことを示唆したことで、リスク選好が強まった。

イエレン氏は13日、下院金融サービス委員会で証言し、米経済は金融引き締めに耐え得るほど健全ではあるものの、景気を過熱も冷やしもしない中立金利の水準は遠くなく、同金利到達までに政策金利を大幅に上げる必要はないとの見解を示した。

シンガポール市場は0.83%高で終了。金融株、工業株が上げを主導した。金融大手DBSが2.1%高、UOBが1.5%高。

バンコク市場は0.28%高で引けた。鉱業株、エネルギー株が値を上げた。サイアム・セメントは1.6%高、タイ石油公社は1.1%高。

ホーチミン市場は0.53%高と、3営業日続伸し終了した。石油大手ペトロリメックスとペトロベトナムガスが上げを主導した。

マニラ市場は一時は上伸したが、値を消して0.02%安で終了。複合企業LTグループが6.9%高と急伸したが、同じ複合企業JGサミットの下げに打ち消された。

ジャカルタ市場は0.19%高、クアラルンプール市場は0.20%安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below