June 13, 2019 / 11:47 AM / 6 days ago

東南アジア株式・引け=クアラルンプール下落、シンガポール上昇

[13日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。クアラルンプール市場は公益事業株が下げを主導、2週間ぶりの安値で引けた。一方、中国が追加の景気刺激策を講じるとの期待感から、シンガポール市場などが上昇した。中国の劉鶴副首相が追加刺激策を示唆した。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.42%安。

ホーチミン市場のVN指数は消費関連と不動産株に圧迫され0.43%安。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.05%安。インドネシア財務相は2019年の経済成長率が目標の5.3%に届かないとの見通しを示した。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は、序盤は下落したものの、金融、消費関連銘柄に支えられ上昇に転じ0.40%高で終了。

マニラ市場の主要株価指数PSEiも一時下落したが0.26%高で引けた。

バンコク市場のSET指数は0.18%高で、4営業日続伸。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below