June 10, 2020 / 12:00 PM / a month ago

東南アジア株式・引け=ジャカルタとマニラ下落、景気懸念とコロナ感染者増で

[10日 ロイター] - 東南アジア株式市場はジャカルタ市場が下落。インドネシアの新型コロナウイルス感染者数が記録的な増加となったことが響いた。マニラ市場も下落。景気刺激策をめぐる懸念が重しとなった。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは2.19%安。フィリピン現地メディアは、ドミンゲス財務相がすでに同国下院を通過した景気刺激策を違憲と判断したと報じた。

ジャカルタ市場の総合株価指数は2.27%安で終了。インドネシア政府は9日、1日あたりの新型コロナ感染者数が初めて1000人を超えたと発表。10日も前日を上回る新規感染者数を記録した。

バンコク市場のSET指数の終値は0.74%高。シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.23%高。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.01%高、ホーチミン市場のVN指数は0.06上昇して引けた。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below