August 8, 2019 / 11:26 AM / 10 days ago

東南アジア株式・引け=ジャカルタ続伸、中銀幹部のハト派発言受け

[8日 ロイター] - 東南アジア株式市場はジャカルタ株が続伸して1%超上昇した。インドネシア中央銀行幹部のハト派的な発言が投資家の地合いを強めた。

インドネシア中銀の新たな上級副総裁は7日、金融政策は今後も長期的に緩和に向かうとの見通しを示した。

ジャカルタ市場の総合株価指数は1.14%高。銀行株が堅調。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.49%安。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.71%高。金融株と消費関連株が下支えした。

バンコク市場のSET指数は0.26%安。原油相場安を受けてエネルギー株が下落した。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.04%安。通信株が上昇し、金融株の下落を相殺した。

ホーチミン市場のVN指数は0.96%高。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below